やって損はない!ビットフライヤー(bitFlyer)で二段階認証を設定する方法

ビットフライヤー(bitFlyer) 二段階認証




ビットフライヤー(bitFlyer)を使うなら二段階認証を設定しておこう!

どうも、Kenです。ベイビー、カミングです。

 

日本のビットコイン取引所の大手の中の大手のビットフライヤー(bitFlyer)。この取引所のウォレットがリアル店舗決済で使うと手数料が無料のこともあり、末長く使わせてもらっているサービスです。

このビットフライヤー(bitFlyer)の強みは何も決済に便利な点だけではなく、

二段階認証によるセキュリティの高さ

なのです。

 

二段階認証とは、簡単に言ってしまうとビットフライヤー(bitFlyer)のサービスを使う時に1つ目のログイン・パスワードとは別に、時間によって変化するワンタイムパスワードを設定するというもの。

銀行のオンラインバンクサービスなどを利用したことがある方はワンタイムパスワードに馴染み深いんじゃないですかね。

二段階認証を設定しておけば、スマホ以外のデバイスでログインがあった際などにワンタイムパスワードでの認証ができるので不正使用を防止できちゃうでしょう。

 

ビットフライヤー(bitFlyer)では二段階認証を設定しておいてまず損はないので、今日はその二段階認証を設定する方法を忘れないうちにまとめておきますね。

 

 

ビットフライヤー(bitFlyer)で二段階認証を設定する方法

ビットフライヤー(bitFlyer)では二段階認証の方法として次の3つを用意してます。

  1. 認証アプリ
  2. SMS(携帯電話番号)
  3. メール

どれこれもやっていることは同じで、時間によって変化するワンタイムパスワードをどうやって受け取るかということをやってます。

アプリでワンタイムパスワードを表示するか、SMSかメールかの違いです。

 

この中でも一番簡単なのが1つ目の「認証アプリ」を使った方法です。

なぜなら、アプリを使えば自動的にパスワードをコピペしてくれるので何よりも作業が簡単。ビットフライヤー(bitFlyer)側もこのアプリ認証を推奨しているようです。

ってことで、今日はこの認証アプリを使ったビットフライヤー(bitFlyer)の二段階認証の設定方法を解説していきましょう。

 

認証アプリをスマホにインストール

まずはGoogleの認証アプリをスマホにインストールしましょう。

Google 認証システム
Google 認証システム

こちらはコインチェックの二段階認証でも使える優れもの。コピペを自動的に行えるので認証アプリはいろいろ存在しているようですがまずこれで良いでしょう。

 

アカウント>設定>二段階認証

ビットフライヤー(bitFlyer)のアプリを立ち上げ、二段階認証が設定できるメニューまで移動。

bitFlyer ウォレット
bitFlyer ウォレット

アカウント、

bitflyer アプリ 指紋認証

設定、

bitflyer アプリ 指紋認証

二段階認証とすすんでみましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer) 二段階認証

 

モバイル認証アプリを選択

続いて、二段階認証の方法を選択します。先ほども申したように、ビットフライヤー(bitFlyer)の二段階認証には次の3つの方法があります。

  • 認証アプリ
  • SMS(携帯電話番号)
  • メール

今回はビットフライヤー(bitFlyer)推奨のモバイル認証アプリで設定していきましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer) 二段階認証

デフォルトでは3つ目のメールによる二段階認証に設定されており、二段階認証方法を変更する際に登録してあるメールアドレスに二段階認証パスワードが送られてくるのでそいつでデフォルト二段階認証を突破すると変更できるようになりますよ。

 

認証アプリ起動

すると、

モバイル認証アプリを起動する

というコマンドが出現しますので、

ビットフライヤー(bitFlyer) 二段階認証

こいつを発動すると準備編でインストールしておいた認証アプリが立ち上がるはず。

 

キー保存

ビットフライヤー(bitFlyer)専用のキーを登録。

これでビットフライヤー(bitFlyer)専用のワンタイムパスワードが登録されたことになり、二段階認証が迫られた時にはこのキーに表示された6桁の番号を入力すればいいわけです。

ビットフライヤー(bitFlyer) 二段階認証

なお、このパスワードは一時的なものですので、しばらく立ってからなら人に知られても大丈夫な数字になります。

 

二段階認証をするシチュエーションを設定

最後に、

どのタイミングで二段階認証を行うかを設定していきます。この二段階認証の適用範囲の設定は、「アカウント>設定>二段階認証」と進むと出てきます。

ビットフライヤー(bitFlyer) 二段階認証

ビットフライヤー(bitFlyer)では、

  1. Webでログインする時
  2. 外部のアドレスの登録時
  3. 日本円の出金時
  4. 外部ウォレットへの送金時

という4つのタイミングで二段階認証を発動できるようになってます。セキュリティは高いことに越したことはありませんので、ここは全て設定で良いでしょう。

以上でビットフライヤー(bitFlyer)の二段階認証終了です!お疲れ様でした!

 

実際にビットフライヤー(bitFlyer)の二段階認証を試してみた

最後に、実際に本当に果たしてビットフライヤー(bitFlyer)の二段階認証を試してみました。

シチュエーションとしては、

スマホ以外のデバイス(PC)でビットフライヤーにログインする

という場面。

ビットフライヤー(bitFlyer) 二段階認証

まず、こちらのURLからビットフライヤーにログイン画面へ。

DMMポイント ビットコイン

メールアドレスとパスワードでログインしてみると、

二段階認証が設定されています

とのウィンドウが出現。

ビットフライヤー(bitFlyer) 二段階認証

ここで「認証アプリ」を起動して、bitFlyerのワンタイムパスワードを確認して、

ビットフライヤー(bitFlyer) 二段階認証

その6桁の番号を入力してみると、ようやく通常通りログインして使えるようになりました。

 

ビットフライヤー(bitFlyer)の二段階認証はワンタイムパスワードの参照方法も豊富で自由度が高く、二段階認証適用の範囲を自分で決められるところもいいですね。

ビットフライヤー(bitFlyer)をお使いの方は堅牢性を高めるべく、二段階認証をしっかり設定しておきましょう。

 

それでは!

Ken


コメントを残す