電気代でビットコインが貯まる!Coincheckでんきに申し込んでみた体験談

coincheckでんき




電気代でビットコインがもらえる!Coincheckでんきとは??

どうも、Kenです。やっぱり大戸屋、です。

 

ビットコイン取引所大手のCoincheck。こちらの取引所ではビットコインを決済方法として普及させるため、

Coincheckでんき

というサービスを展開しています。

これは簡単に言ってしまうと、

電気代の一部がビットコインとして還元されたり、ビットコイン支払いをすると電気代が安くなる

というプログラムです。

 

2016年から電力自由化になりましたので、どこの電力会社と契約するかは個人の自由になっています。このCoincheckでんきでは、

ENSというCoincheckが指定する電力会社と契約すればプログラムに参加できるようになってます。

たとえば、現在は東京電力と契約している青年がいたとしたら、東京電力からENSに切り替えればいいのですね。

coincheckでんき

この「Coincheckでんき」というプログラムには次の2種類があります。

  1. ビットコイン付与プラン
  2. ビットコイン決済プラン

 

ビットコイン付与プラン

電気代の額はしっかり円で払うのですが、その電気代の1~7%をビットコインで還元してくれるというプラン。

https://coincheck.com/images/lp/denki/illust_plan01.svgより

たとえば、とある月の電気代が5,000円だとして還元率1%だとすると、5,000円はきっちり電力会社に払うものの、その1%の500円がコインチェックから還元されるわけです。

この還元率は、

  • 契約アンペア数
  • 住んでいる地域

によって1~7%で変化するみたいですね。詳しくはこちらの公式ページからご確認ください。

 

ビットコイン決済プラン

お次はビットコイン決済プラン。

こちらは文字通り、

電気代の全てをビットコインで支払うという方法。

https://coincheck.com/images/lp/denki/illust_plan02.svgより

ただ、その場合に電気代が通常よりも1~7%安くなるというわけです。

たとえば、とある月の本当の電気代が5,000円だとし、還元率を1%としてビットコイン決済プランを結んでいたとすると、

5,000円の1%の500円分安くなるので、ビットコインで支払う額は4,500円分になるというわけです。還元率は先ほどのプランと同様に住んでる地域や契約内容によって異なりますね。

 

 

Coincheckでんきに申し込んでみた

いや、どっからどの角度で見てもお得感しかなかったので、早速Coincheckでんきに申し込んでみました。

Coincheckでんきのページから「ENS経由で申し込む」というコマンドを選択します。

 

coincheckでんき

 

すると、次のような申し込みフォームが現れるのでシコシコと個人情報を記入していると・・・

coincheckでんき

ハプニング発生!!

 

なんと、

ぼくの契約アンペア数では申し込めなかったのです笑

ぼくは一人暮らしで実にケチい生活をしているので契約アンペア数は20A。この契約数を記入してみると、

30A以下の場合はお申込できません。

というエラーが現れたのです!

coincheckでんき

えっ。

 

落ち着いて、先ほどのCoincheckでんきの説明ページをよーく読んでみると、

たしかに契約アンペア数が20Aのケースがのっておらず、ほとんどの地域で30~60Aのものばかりでした。

coincheckでんき

あっ、でも契約アンペア数を変更すればCoincheckでんきに申し込めるんじゃないか・・・

そう思い、東京電力のページで、契約アンペア数を変更すると料金がどうなるかを確認してみることに。

すると、次のような料金体系になってました。

契約アンペア 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
基本料金(円/月)税込 280.80 421.20 561.60 842.40 1,123.20 1,404.00 1,684.8

 

東京の場合、Coincheckでんきの契約は40Aから。

仮にぼくが20Aから40A に変更したとすると、

(40Aの基本料金)ー(20Aの基本料金)

=1123ー561

=562円

値上げになることがわかりました。

今の電気代が2000円ほどなので、40Aに変更した場合は大体2600円ぐらいになるはず。

東京地区で40Aの還元率は4%なので、大体還元されるのは一ヶ月あたり104円。

562円電気代が値上がりして、104円を毎月ビットコインで付与されるということになりますね。

付与された後にビットコインが5倍に値上がりしない限り損をしていることに!泣

今回は流石に記事のためとはいえどコインチェックでんきは断念することにしました・・・!無念!

 

 

まとめ:Coincheckでんきは一人暮らしには向かない!

以上がCoincheckでんきに申し込もうとした体験談でした笑

結論、

Coincheckでんきは電気の消費量が多い家族向け

といえましょう。

ぼくのようにひっそりと築40年のアパートで暮らす青少年には向かないプログラムですね。

何よりも契約アンペア数が足らないですし、アンペア数をあげたら逆に何でしょう、命を削りながらCoincheckでんきを利用している格好になります。

まずは電気の使用量の領収書と、こちらのCoincheckでんきの公式ページをみて、自分がCoincheckでんきに申し込めるかどうか確認してみましょう。

 

それでは!

Ken


コメントを残す