コインチェックのNEM補償により1,001NEMが強制利確された話

コインチェック 出金方法 手数料




コインチェックから盗難されたNEMがついに補償!嬉しい!

どうも、Kenです。旅の、気分になってます。

 

2018年の1月末に起きたコインチェックのNEMが強奪された事件。僕はもろにコインチェックでNEMを購入していた人物でありまして、しかも、どうせネムを使うことはないためコインチェックの貸し仮想通貨サービスに全て預けていたのです。

完全にこのコインチェックに預けていたネムは消失したと思っていたのですが3月12日17時にコインチェックさんが、

1NEMあたり88.549円(2018年1月26日のレート)でNEMではなく日本円にて返却してくれたのです。

 

以前保持していたNEMが強制利確という形で返還されましたが、購入時の値段よりも値上がりしていたので利益を出す形で終わったのでもうなんでしょう、結果オーライです。

当然、来年2019年3月にやらなければならない2018年分の確定申告では仮想通貨の確定申告が待っていることになります。

 

 

コインチェックの貸仮想通貨でNEMを預けていたけど大丈夫だった

コインチェックの貸仮想通貨サービスの記事でも紹介しましたが、

  • 貸仮想通貨ウォレット
  • 取引用ウォレット

は別物で、ぼくの場合は貸仮想通貨用のウォレットに1000NEMを預けて、1ヶ月ぐらいで1,001644NEM入っていました。

貸仮想通貨に預けていた場合のコインチェックによる補償の際は、

当然ながら取引ウォレットに1NEMあたり88.549円(2018年1月26日のレート)で計算した返金分の日本円¥88,817が収められていました。

コインチェック NEM 補償

ぼくと同じように貸仮想通貨サービスを利用してNEMの行方が気になっていた方も安心して日本円を受けることができますね。

コインチェック NEM 補償

今後はなるべく取引所のウォレットに資産を入れたままにしないようにしようと思うので次の記事で補償されたNEM分の日本円を出勤してみたいと思います。

 

それでは!

Ken


コメントを残す