投資の神様に学ぼう!ウォーレン・バフェットに関する本・書籍3選

ウォーレン・バフェット 本 書籍




投資の神様「ウォーレン・バフェット」に関する本を読みたい

どうも、 Kenです。ロッテリアでくすぶっています。

 

投資の神様として有名のウォーレン・バフェット。

ウォーレン・バフェットは現在も生きていますが、なかなか彼から直接お話を聞くとはできません。

現に、彼とのディナーをする権利は数百万円で売買されるほど人気が高く、また、各業界のトップリーダーたちがこぞってウォーレン・バフェットを尊敬しているそうなのです。

投資に入門したばかりの人こそ、神様の知恵を借りて、投資の世界のノウハウを知りたいと思うはずです。

ぼく自身、この世界最大の投資の巨人の肩に乗ろうと、バフェットに関する本をかたっぱしから読み始めてみました。

 

そこで今日は、ぼくが読んだバフェットの本のなかから投資初心者にオススメの、

投資の神様「ウォーレン・バフェット」に関する本・書籍

をまとめてみました。

 

 

投資の神様「ウォーレン・バフェット」に関する本・書籍10選

早速、「ウォーレン・バフェット」に関する本・書籍を紹介していきますよ。

 

書籍1.ウォーレン・バフェット 成功の名語録

ウォーレン・バフェットの名言が103句収録された書籍。

名言とともに、ウォーレン・バフェットのストーリーが紹介されいるので、彼の投資に対する向き合い方はもちろんのこと、ウォーレン・バフェットの小歴史の要約に触れることができます。

ぼくが個人的に気に入ったのは、

「喜んで一〇年間株を持ち続ける気持ちがないのなら、たった一〇分間でも株を持とうなどと考えるべきですらないのです」

桑原晃弥.ウォーレン・バフェット成功の名語録世界が尊敬する実業家、103の言葉(PHPビジネス新書)(p.10).PHP研究所.Kindle版.

と言う言葉ですね。

株の入門書といえば、投資よりも投機を勧めるものが多く、短期売買が基本になっています。

しかし、長期間保有しないと株を保有する意義というか、ただの投機はゼロサムゲームなので社会貢献といった面で意味がない。

そんな長期間保有を後押ししてくれるのはウォーレン・バフェットです。

 

書籍2. 「ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則」

ウォーレン・バフェットの名著でためになる箇所をピッアップしてくれているバフェットキュレーション的な一冊。

主な参考図書は、

  • バフェットの自叙伝「スノーボール」
  • バフェットからの手紙

ですね。

バフェットの名言とともに、著書がわかりやすくバフェットの背景を解説してくれているので、初めてウォーレン・バフェットについて知りたいというバフェット初心者の方におすすめの一冊。

 

書籍3. 「スノーボール ウォーレン・バフェット伝」

ウォーレン・バフェット公認の自伝。自伝があるがゆえに、ウォーレン・バフェットが歩んできた人生の歴史が主なトピックスとなっています。

上下巻で読み応えがあり、ウォーレン・バフェットの昔のエピソードとともに、彼がどのような経緯で現在の投資スタンスを身につけるまでになったのかを勉強できます。


コメントを残す