ワンタイムパスワード発行できる!ゆうちょダイレクトのトークンの使い方〜申し込みから設定まで〜




ゆうちょダイレクトでワンタイムパスワードを発行したいんだけど!

どうも、Kenです。レギュラー、一丁。

 

「ゆうちょダイレクトでオンライン送金したい!!」

そんな時はセキュリティ上の都合上、

ワンタイムパスワード

というものが必要になってきます。

こちらは数十秒ごとに切り替わるパスワードのことで、この常に変化するパスワードのおかげで誤って不正送金される悲劇を防いでくれているわけですね。

三菱UFJ、みずほ、三井住友などの他行などでも同様のシステムが採用されています。

 

しかしながら、このゆうちょダイレクトのワンタイムパスワードは、

携帯電話のメールアドレスがなければ利用できない

という決定的な欠点が存在していたのです。携帯電話のアドレスにワンタイムパスワードが送られるようになっており、それ以外の例えばパソコンのフリーアドレスなどには送信できないようになっていました。

 

何を隠そう、僕は格安シムを利用していて、ドコモや au ソフトバンクなどのキャリアと契約をしていませんのでこの携帯電話専用のメールアドレスを持っていなかったのです。

「えっ、じゃあ俺はゆうちょダイレクトで送金とかできないのかなあ・・・」

と意気消沈していたのですが、なんと、そんな携帯電話のメールアドレスを持っていない方のためにゆうちょダイレクトでは、

トークン

という小さな機械が用意されていました。

ゆうちょダイレクト トークン

この機械ではもう電源を入れるだけでワンタイムパスワードを発行してくれるので、僕のように携帯電話のメールアドレスを持っていないからでもゆうちょダイレクトで振込操作などができるようになるのです。

今日は実際にこのトークンの使い方お申し込み方法から設定方法までを解説していきます。

 

 

ゆうちょダイレクトトークンの申し込み方法

早速、ゆうちょダイレクトのトークンの申し込み方法を解説していきますね。ゆうちょダイレクト自体の申し込みは完了してログインできる状態になっている前提で話を進めていきます。

 

Step1. ゆうちょダイレクトにログイン

ゆうちょダイレクトにログインします。

ゆうちょダイレクトの左メニューから「トークン」をクリックします。

ゆうちょダイレクト トークン 申し込み 設定

いくつかいくつか項目が表示されるのでそのうちのひとつの「トークン申し込み」というものを選択してみましょう。

 

Step2. トークンを利用したい口座を選択

すると、いくつかのゆうちょ銀行の口座が表示されるとは思いますので、紐付けたい銀行口座を選択しましょう。

ゆうちょダイレクト トークン 申し込み 設定

簡単すぎて拍子抜けするかもしれませんが、これでトークンの申し込みは終了です笑

 

 

ゆうちょダイレクトトークンの設定方法

申し込みから2週間経つと、自宅にゆうちょダイレクトトークンが送られてきます。

ゆうちょダイレクト トークン

ただこちらの機械は設定をしなければ使うことができないので次の3つのステップを踏む必要があります。

 

Step1. ログインしてトークンメニューを選択

申し込み時と同様にゆうちょダイレクトにログイン。

トークンメニューに遷移して、

ゆうちょダイレクト トークン 申し込み 設定

今回はその中から「トークンの利用登録」というものを選んで行きます。

 

Step2. シリアルナンバーを入力

トークンのシリアルナンバーを入力していきます。

ゆうちょダイレクト トークン 申し込み 設定

シリアル番号とはトークンの裏側に記載されている番号のことですね。

ゆうちょダイレクト トークン

全部で10桁あるこちらの番号をハイフンなしでお間違えないように入力すれば OK です。

 

Step3. ワンタイムパスワードを入力する

トークンの電源を入れ入れてワンタイムパスワードを表示させてみましょう。

電源ボタンは一番左上のこのボタン↓

ゆうちょダイレクト トークン

トークンの電源を入れると、トークンのディスプレイ上にワンタイムパスワードが表示されます。

ゆうちょダイレクト トークン

今回はこの6桁の数字をパスワード欄に入力していきます。

ゆうちょダイレクト トークン 申し込み 設定

無事にシリアルナンバーとワンタイムパスワードが一致すると利用登録は完了。

ゆうちょダイレクト トークン 申し込み 設定

ゆうちょダイレクトで特訓経由でワンタイムパスワードが発行できるようになりますね。

 

 

携帯電話のメールアドレスを持っていないときはトークンを活用しよう!

以上がゆうちょダイレクトのトークンの申し込み方法と設定方法でした。

トークンという機械を使えば格安 SIM のスマホを使っていて携帯電話のメールアドレスを持っていないからでもワンタイムパスワード発行できるので便利です。

ゆうちょダイレクトを用いてオンラインで送金操作などを頻繁にされる方はトークンを作っておきましょう!

ただ、送金・振込の操作にはゆうちょダイレクトの制限解除を行っている必要があるので、まだ制限解除の作業がお済みでないかたはこちらの記事を参考にしてみてくださいね↓

 

それでは!

Ken


コメントを残す